sponsored link

あごにきび治し方 > あごにきび 原因  >> あごにきびの原因

あごにきびの原因

あごにきびの治療や対策をする前に、あごにきびの原因について知らなくてはなりません。あごにきびの原因を知ることで適切な対策ができるようになります。あごにきびの原因は一つではなく、様々な要因が考えられます。そのため原因に合わせて対処法も違ってきます。

あごのにきびは比較的大人にできやすいと言われております。あごやフェイスラインに集中的に発生し、症状は重い場合が多く、また一度治っても繰り返しやすいといった特徴があります。何度もにきびができることによって、あごににきび跡が残ってしまうということが多いようです。

あごのにきびは治療法や対策を誤ると悪化してしまう恐れもありますので、しっかりと原因を理解して適切に対処しましょう。

さて、肝心のあごにきびの原因ですが、男性ホルモンの影響というのがあります。男性であればひげが生える場所の一つがあごというわけですが、その影響で男性ホルモンの活動が活発で、毛穴からの皮脂の分泌量も多くなります。これは男性だけの問題ではなく、女性であれば皮脂の分泌量が多い場所なのに、毛穴が発達していないのでにきびの原因になることがあるのです。

それを証明する一つの材料として、大人のにきびやあごのにきびが多い人は、男性ホルモンの値が高い傾向にあるとも言われております。

女性のあごにきびの原因としてもう一つ注目すべき点はホルモンバランスです。ストレスが大きな原因と言われていますが、ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンとよく似た黄体ホルモンというものが分泌され、そのことによってあごににきびができてしまう原因になるようです。

あごのにきびの特徴としては、尋常性痊瘡と言われる通常のにきびの他に、酒さ性痊瘡と言われるにきびができやすいことです。これらはその原因も違うので治療法も異なってくるものです。まずは自分のあごにきびの状態をよく知り、その原因に合わせた治療をすることを心がけましょう。

肌トラブル(にきび・ニキビ痕・赤ら顔)

sponsored link