sponsored link

あごにきび治し方 > あごにきび 治療

あごにきびの治療についてですが、あごにきびの進行状況やその原因によって治療法も変わってきます。大きく分けると内服薬での治療、外用薬(塗り薬など)を使用した治療になります。また、ケミカルピーリングやレーザー治療のように皮膚科や美容外科で行う治療もありますが、症状が軽いならば自分でできる治療法でも効果はあると思います。

あごのにきびは治療をするよりも、できる前に予防することの方が重要です。なぜならば、あごにきびを完全に元通りの肌に戻すことができる治療法というのはかなり難しいからです。にきび跡が残ってしまったりするのが普通なのです。しかし、できてしまったあごにきびを放っておくわけにはいきませんので、症状に合わせて治療をしましょう。

あごにきびの治療として一番簡単にできるのが市販の外用薬を使用する治療法です。どの外用薬も基本的にはにきびの原因となるアクネ菌を殺菌し、にきびを治療するというものです。しかし、あごにきびの状態が悪く、化膿したりするようになると抗生剤などの内服治療もしなくてはならなくなるかもしれません。市販の外用薬などで効果が感じられないときは、皮膚科に受診して相談してみましょう。

あごにきびの原因がホルモンバランスと関係しているような場合は、いくら治療をしても新しいあごにきびが次々とできてしまいます。あごにきびには男性ホルモンが影響していると言われます。しかし、ホルモンバランスと言っても自分で簡単にどうこうできるものでもありません。あごにきびの治療が思うようにいかない場合は、専門の美容外科や皮膚科で相談することが得策です。あごにきびがたくさんできてしまったら、それはにきびの跡もたくさん残ってしまうということになるからです。どのような治療ができるかはそれぞれ違いがあると思いますので、あごのにきびの治療を行っている美容外科や皮膚科のホームページなどもチェックしてみると良いでしょう。



あごにきび 治療 │あごにきび治し方ページトップへ │
sponsored link